登録されていても幽霊会社あり

登録されていても幽霊会社あり

闇金の中には実際に登録されている業者を幽霊会社として取り扱うことがあります。一見きちんと営業している金融業に見えるため注意しなければなりません。

 

例えば、登録番号を取得するために会社を立ち上げ、正しい金利などで申請します。登録の許可が下りるため登録番号の記載ができるのですが、実際にはその企業は運営されいません。取引するのは違法な金利で営業を行なうニセの業者で、幽霊会社は単なる名前のみなのです。幽霊会社は取引実績が殆どないためネットで検索しても口コミが得られず、もし得られたとしても闇金をにおわす情報が出てくるかもしれません。新規で登録し情報が得られない場合は警戒することをおすすめします。

 

また、そのような企業は実際に店舗に足を運ぶとまったく営業されておらず、空の状態もあります。お金を貸すのはお店以外で行い、お店はあくまでもダミーです。遠方の人だと携帯電話や固定電話のみで取り引きしがちのため、闇金だと気が付かない場合もあります。もし近くの業者なら足を運び、直接店舗で取引するよう伝えてみてください。お店があったとしても大体従業員の人の雰囲気、店舗の営業の仕方でも闇金に近いかは判断できると思います。