闇金はどうやって営業しているの?

闇金はどうやって営業しているの?

闇金は当然都道府県の貸金業の登録ができません。番号自体が書かれていても倒産した業者の番号を使っていることがあります。

登録もしていないのにどうやって営業をしているのでしょうか?
自己破産者のデータを調べダイレクトメールを送ってきたり、携帯電話の迷惑メールや電話などの広告方法です。ほかにも電柱に張り紙をしたり、公衆電話への広告掲載、雑誌のへ広告を載せる方法もあるのです。自己破産の内容は官報に掲載され、法令上の手続きの情報が載るのです。それを手に入れ自己破産者に連絡し、ブラックでも借りれるなどの謳い文句で誘い出します。また公衆電話や電柱への広告掲載は禁止されているため、広告を見かけても連絡しないことです。最近は公衆電話自体の利用が減っているため、携帯電話に直接連絡するケースも多いようです。

また、大企業のグループ名をよそい紛らわしい会社名で誘い込む場合もあります。大手銀行グループだと利用者も安心してしまうでしょう。消費者金融の大手グループに見せかけるなど手口も様々です。もちろんこれらの業者とは無関係で、名前を勝手に利用しているだけのため注意しましょう。
手口は色々な方法があり最初は低金利で貸し、法に沿って運営している業者として見せかける方法もあります。