闇金ウシジマくんは十五(とご)で即日融資します!あり得ません。犯罪です。

闇金ウシジマくんって何?


出典元:http://blogs.yahoo.co.jp/fpdxw092/61809385.html

 

闇金ウシジマくんはあくまでもフィクションによる作品のため、実際に存在している闇金ではありません。2004年よりビックスピリッツで連載されている漫画のことです。この漫画は2010年よりテレビドラマ化されましたし、2014年には新しいシリーズの放送、同年の5月には映画も公開され注目されました。様々な人物が闇金で借りるという内容で、意外と参考になることもあるため読んでみるのも良いかもしれません。
最終的には闇金でお金を借りてどうにもならない様子を描いているため、今後お金を借りようとしている方必見です。ちょっとシュールな内容も見られるため、あくまでもフィクションとして楽しむのが一番でしょう。
作品中に登場する闇金はカウカウファイナンスです。10日で5割も取る悪質な営業方法をしており、1日3割などお金を借りなければならない状況の人物を狙った営業のやり方です。テレビドラマでは闇金の解説がされたり、闇金は違法だという内容もありました。テレビは主に深夜放送だったため、一部の方しか知らないかもしれませんね。主役は山田孝之さんで闇金の冷酷な社長役を演じていました。実はこのテレビドラマや映画はDVDやブルーレイディスクが販売されているのです。興味がある方は見てみると良いですね。

10日で5割の利息とは?

10日で5割というのは、10日経てば元金の半分が利息になる計算です。

例えば10万円借りたとしたら・・・

 

10日経てば15万円になるわけです。
10万円急に必要になった人が10日後更に増えた金額を返済できるとは思えません。
なんと1ヵ月後には10万円の借金が30万円近くにまで増える計算です。

それが2ヶ月、3ヶ月と増えるとホント恐ろしい金利なのがわかりますね。
1ヵ月後だけでも返せる可能性が低いのがわかるのですが、それが1年など長期間になると確実に返せないのがわかります。大抵10日で5割のような闇金は、利息のみ一生返し続ける羽目になります。ここで気が付いて自己破産しようとしても無理、どこまでも追いかけてきます。闇金は元々悪徳業者ですから違法なことは平気でやります。通常は自己破産の手続きをすれば手を出せないのに、闇金ならそのまま催促を続けたりします。
漫画や映画などで登場する借金を返しても返しても減らない仕組みはこういうことです。本来元金は返済し終わっているのに、金利が異常に高すぎるため返済が終わりません。こうなったら夜逃げするしかないかもしれませんね。一般に聞く消費者金融がどれだけ優しい営業をしているか、良心的な対応をしているのかが分かるような気がします。

10日で1割の闇金もあります

10日で1割(トイチ)の闇金もあります。10日で5割を考えるとまだ優しい感じがしますが、これも闇金の一種のため注意してみて下さいね。
利息制限法により現在は年利20%が限度です。出資法の29.2%を考えても10日で1割とか、10日で5割は完全に違法なのがわかります。最初は返せると感じて闇金に手を出す人がいるのですが、実際には返済するまで日数が経っており、年利は100%をゆうに超え1000%以上になることも少なくありません。親や親戚に泣きついてとりあえずお金を借り、早期に返済すれば大丈夫なのでしょうが、殆どのケースではそれも出来ない状況で借りているようです。

10日で1割は10万円借りた場合

 

1万円の利子、100万円なら10万円です。
10日後に確実に返せると思ってしまうわけです。100万円しか借りていないのに1年後には3000万円近くになります。

どれだけ違法だかわかりますよね。また、日数が増えるほど福利で増えるため、返済に困る人程カモにされる可能性があります。
ほかにも10日で2割、10日で3割〜5割くらいまで存在しています。トイチだと何となく返せる気になってしまいますが、1年後の利息の金額を調べるとビックリするくらい増えてしまっています。良い子は絶対に真似しないようにしましょう。

関連サイト